HICC

北陸情報通信協議会

メインビジュアル_other

HOME ≫ 事業計画 ≫

北陸情報通信協議会 令和元年度 事業計画

令和元年度事業計画


 
 北陸情報通信協議会では、現在の4部会体制となって5年が経過し、北陸地域におけるICT/IoT実装も徐々に進展、5Gの実用化、LPWAの普及、4K・8K放送の開始といったICT/IoT環境も変化する一方で、人手不足、後継者問題、生産性向上への要請、インバウンド需要の増大、地域の活性化といった社会全体の課題が顕在化し、あらゆる業態におけるIoT、AI、ビックデータ、RPA等のICT活用ニーズが高まりつつあります。
 平成31年度(令和元年度)からの北陸情報通信協議会の運営に当たっては、環境の変化を踏まえ、今後は、会員・構成員が参加するメリットを享受・実感してもらえるような活動体制の構築を目指すこととします。
 事務局に関しては、北陸3県のICT/IoT推進機関の参画を求め、北陸全域から多様なユーザ(企業等)の加入を促し、北陸3県でのバランスのとれた事業を実施します。また、構成員間の一層の連携により相乗効果の獲得を目指します。
活動に関しては、地域の特性に応じた情報通信の普及、発展を図ることを目的に、以下の事業を行います。
 なお、これらの事業の実施に当たっては、必要に応じて見直しを図ることとします。

1 講演会・セミナー等の開催
 情報通信の最新動向、電波の利活用、情報セキュリティ、安心・安全なインターネット利用環境の向上等に関する講演会、シンポジウム、セミナーを開催します。

2 情報通信月間行事の推進
 北陸総合通信局と連携して、情報通信月間の趣旨に沿った講演会、展示会等、各種行事の開催及び後援等を推進します。

3 調査研究(部会)活動
 これまで「安心・安全部会」「G空間×ICTまちづくり推進部会」「イノベーション部会」「4Kクールジャパン北陸推進部会」を開催してきましたが、今後、各部会に「部会事務局」を置き、高い参画意識をもつ構成員が積極的に取り組める体制を目指します。各部会の活動については、「部会事務局」のリードのもと構成員の需要に基づくものとし、その構成・名称等はその活動実態に応じ柔軟に変更し得るものとします。
 なお、活動内容は幹事会での審議を受け決定します。

4 表彰
 情報通信の普及、発展及び当協議会の業務運営への貢献等の功績者に表彰を行います。

5 各種行事に対する後援、協賛
 情報通信に関連する各種行事について後援、協賛します。

6 会員への情報提供・周知広報
 北陸情報通信協議会ホームページの更新作業やメンテナンスを外部業者に委託して、安定的な運用を行っていくとともに、メールマガジン「MAILネットワーク北陸」を活用し、情報通信に関する最新情報、事業公募情報や講演会・セミナー・シンポジウム等の開催案内をタイムリーに配信します。

7 会議
(1) 定期総会
   開催日:平成31年4月16日
   内容:平成30年度事業報告、令和元年度事業計画等の審議
(2) 幹事会
 ・第1回幹事会
   開催日:令和元年6月(予定)
   内容:平成30年度事業計画の具体化等の審議
 ・第2回幹事会
   開催日:令和元年10月(予定)
   内容:令和元年度事業中間報告の審議
 ・第3回幹事会
   開催日:令和2年3月(予定)
   内容:令和2年度総会提出議案の審議

(3) 表彰選考委員会
  開催日:令和2年3月(予定)
  内容:表彰規程に基づき、会長表彰者(協議会の業務運営及び情報通信の普及・発展に貢献した個人又は団体)の選考

 

logo_200
北陸3県を地図上から見た配置をデザインしており、当協議会の目的である「北陸地方の産学官で構成する会員が結集し、情報通信の普及、発展を図る」ことをイメージしています。

また、当協議会の略称“HICC” HokurikuInformation and Communications Conferenceを下部に配置しました。



このページ最上部へ