HICC

北陸情報通信協議会

メインビジュアル_other

HOME ≫ G空間×ICTまちづくり推進部会

G空間×ICTまちづくり推進部会

G空間×ICTまちづくり推進部会では、地域経済の活性化、地域住民の利便性の向上及び地域課題の解決に寄与するため、G空間情報(地理空間情報)及びICT(情報通信技術)を活用した街づくりを推進するための活動を行います。


体 制

部会長       金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構 客員教授 飯島 泰裕 氏
                       (青山学院大学 社会情報学部 教授)
副部会長     国際ビジネス学院 学院長 大藪 多可志 氏
           金沢工業大学 副学長 鹿田 正昭 氏
部会構成員   当協議会会員の38団体で構成(H27.10月現在) 
 

主な活動

◇G空間情報及びICTを利活用する技術の最新動向の調査・検討

◇G空間情報及びICTを活用した街づくりモデルの案件形成への支援

◇G空間情報及びICTを活用したまちづくりのための産学官の連携と交流 

 

活動状況

第12回会合
平成29年6月31日
当局第1会議室において、第12回会合を開催しました。
会合では、第2回G空間×ICTトライアルコンクールマッチングイベントの報告及び第4回G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクールの実施計画について意見交換を行いました。
また、国土地理院北陸地方測量部の佐藤様から平成29年3月24日に閣議決定された第3期「地理空間情報活用推進基本計画」の内容が紹介されました。
第11回会合
平成29年3月17日
金沢商工会議所研修室において、第11回会合を開催しました。
部会では、G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール、平成28年度活動結果の報告及び平成29年度の活動計画案の骨子について確認するとともに、情報通信月間におけるマッチングイベントの開催について意見交換を行いました。
また、部会終了後は、先進事例等の紹介・調査活動として地域課題解決に向けたオープンデータ×地理空間情報の動向についての講演を行いました。
G空間×ICT北陸
まちづくりトライア
ルコンクール
最終審査会
平成28年11月26日
第3回コンクールの一次審査を通過した優秀なアイデア5件について、各提案者から発表を受け、その中から「G空間×ICTグランプリ」、「北陸総合通信局局長賞」、「シビックプライド賞」及び「奨励賞」2点の5賞を決定し表彰を行いました。
  最終審査結果はこちら
第10回会合
平成28年7月13日
北陸総合通信局会議室において、第10回会合を開催し、昨年開催された「第2回G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」及び情報通信月間行事とし開催された「マッチングイベント」の結果について意見交換を行うとともに、第3回のコンクール実施のスケジュールと応募要項等を決定し、翌日の7月14日(木)からの実施を確認しました。
部会では、同トライアルコンクールにおいて北陸地域の学生から幅広い応募を求めることとしています。 
第9回会合
平成28年5月13日
石川県金沢市の「石川県政記念しいのき迎賓館」会議室において、第9回会合を開催し、平成28年度の活動を決定しました。
今年度については、引き続き地域経済の活性化、地域住民の利便性の向上及び地域課題の解決に寄与するため、G空間情報とICTを活用したまちづくりを推進することとしており、セミナーの開催や「第3回G空間×ICT街づくりトライアルコンクール」などの実施を確認しております。また、新たな取り組みとして、昨年のトライアルコンクールの優秀提案について自治体や企業などとのマッチングを行うイベントを行こととしています。
なお、部会終了後には、部会構成員向けの講演会を実施しました。
第8回会合
平成28年2月25日
金沢広坂合同庁舎大会議室において、第8回会合を開催しました。
部会では、平成27年度活動結果の報告及び平成28年度の活動計画案の骨子について意見交換を行うとともに、トライアルコンクールの優秀提案を社会に展開していくための方向性や具体的な取り組みについて意見交換を行っています。
また、部会終了後は、先進事例等の紹介・調査活動として、GIS情報を利用した全国のユニークなまちづくりや東日本大震災の復興の取り組みについて講演を行いました。
G空間×ICT北陸
まちづくりトライア
ルコンクール
最終審査会
平成27年11月28日
最終審査会では、金沢工業大学12号館「イノベーションホール」と東京都お台場の日本科学未来館で開催された「G空間EXPO学生フォーラム」会場と4K超高精細映像による双方向ライブ中継で接続し、両会場の学生が交互にG空間情報を利活用したまちづくりについてアイデアを発表し、その後、審査結果を発表し、表彰式を行いました。
最終審査結果はこちら
第7回会合
平成27年10月20日
北陸総合通信局会議室において、第7回会合を開催しました。
議事では、「G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」について、応募状況の報告を行い、最終審査会に向けて今後のスケジュールを確認しました。
第6回会合
平成27年7月6日
石川県地場産業振興センターにおいて、北陸G空間×ICT街づくり推進セミナーを開催した後、第6回会合を開催しました。
「G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」について意見交換を行い、翌日の7月7日(火)からの実施を確認しました。
なお、部会では、同トライアルコンクールにおいて北陸地域の学生から幅広い応募を求めることとしています。 
第5回会合
平成27年4月24日
石川県金沢市のITビジネスプラザ武蔵において第5回会合を開催し、平成27年度の活動を決定しました。
今年度については、引き続き地域経済の活性化、地域住民の利便性の向上及び地域課題の解決に寄与するため、G空間情報とICTを活用した街づくりを推進することとし、年間スケジュールとして、年3回のセミナー及び「第2回G空間×ICT街づくりトライアルコンクール」を実施することなどを確認しています。
また、部会終了後には、部会構成員向けの講演会を実施しました。
第4回会合
平成27年2月17日
第4回会合として、富山市の『コンパクトシティを実現する「富山まちあるきICTコンシェルジュ事業」』の施設見学会を実施しました。
(株)インテック 環境未来都市事業推進室や富山市中心市街地活性化推進課、(株)まちづくり富山などの担当者から説明を受け、事業で実施したまちあるきのための情報配信プラットフォームであるデジタルサイネージを設置した市内電車環状線のLRT(セントラム)や総曲輪商店街の賑わい広場「グランドプラザ」を見学しました
第3回会合
平成26年10月24日
第3回会合をしいのき迎賓館セミナールームにて開催。
はじめに、株式会社日立産機システム システム推進事業部 企画部長小檜山 智久 氏から「屋内GPS:屋内位置検知システムIMESについて」-G空間情報とICTの活用技術の最新動向-と題して、G空間に関する最新技術動向の講演が行われました。
次に「G空間×ICT北陸まちづくりトライアルコンクール」の提案状況等について活発な意見交換がされたあと、12月6日開催予定の同トライアルコンクール最終審査会企画案が了承されました。
第2回会合
平成26年8月11日
第2回会合を金沢広坂合同庁舎大会議室で開催。
はじめに、金沢工業大学 環境・建築学部 教授 徳永 光晴 氏から「G空間情報とICTによる3次元測位技術の利活用に係る最新動向」と題して講演をいただき、G空間に関する最新技術動向の調査活動を行いました。
次に、第1回会合後に設置された提案コンクールワーキングでの検討結果を踏まえ意見交換を行い、8月12日から10月10日を募集期間として、学生を対象として「G空間×ICT北陸街づくりトライアルコンクール」を実施することを決定しました。
第1回会合
平成26年6月25日
当協議会会員の産学官36団体により第1回会合を開催。
設置要綱及び今後の活動について確認後、部会長に金沢大学飯島 泰裕客員教授(青山学院大学教授)、副部会長に国際ビジネス学院 大藪 多可志学院長と金沢工業大学 鹿田 正昭教授を選出。
今年度のスケジュールとして、G空間情報とICTを活用した社会のイメージを広く普及するために、年2回のセミナーや「G空間×ICTによる街づくり提案コンクール(仮称)」等を実施することを確認しました。



このページ最上部へ