HICC

北陸情報通信協議会

メインビジュアル_other

HOME ≫ 事業計画

北陸情報通信協議会 平成30年度 事業計画

平成30年度事業計画


 北陸情報通信協議会は、地域の特性に応じた情報通信の普及、発展を図ることを目的に、以下の事業を行います。
 なお、これらの事業の実施に当たっては、必要に応じて見直しを図ることとします。

 
1 講演会・セミナー等の開催
 情報通信の最新動向、電波の利活用、情報セキュリティ、安心・安全なインターネット利用環境の向上等に関する講演会、シンポジウム、セミナーを開催します。

2 情報通信月間行事の推進
 北陸総合通信局と連携して、情報通信月間の趣旨に沿った講演会、展示会等、各種行事の開催及び後援等を推進します。

3 調査研究(部会)活動
 「安心・安全部会」「G空間×ICTまちづくり推進部会」「イノベーション部会」「4Kクールジャパン北陸推進部会」を引き続き設置し、ICT利活用による北陸地域の発展を目指して調査研究を行っていきます。また、必要に応じて部会内にワーキンググループ(WG)を設置します。

(1) 安心・安全部会
 今年度の大雪により生じた諸課題についてICTの視点から検証することとし、雪害などへの的確な対応に資する情報伝達体制、地域住民等への情報提供のあり方について検討します。
 また、他地域の雪害対策の取組事例を研究し、北陸地域での活用を検討するとともに、他の種類の災害への応用についても検討し、ICTを利活用した災害に強い街づくりに資するための検討を行うこととします。
 

(2) G空間×ICTまちづくり推進部会
 G空間情報とICTを組み合わせたまちづくりをめざし、参加者相互の情報交流を実施するとともに、アイデアコンクールや普及啓発のためのセミナー・最新技術のワークショップ等を開催します。
 また、トライアルコンクールの優秀提案に関する社会実装をめざし自治体及びICT企業を対象としたマッチングイベントを開催します。
 

(3) イノベーション部会
 IoTの急速な進展に対し北陸地域におけるIoT化をさらに促進するため、引き続きWGを設置して、引き続き地域IoT実装推進について検討を行います。また、総務省の「地域IoT実装推進タスクフォース」の一次提言を受けて北陸3県のIoTの取組に関する推進体制としての活動を行います。
 イノベーションセミナー(SCOPE成果発表会)を開催し、SCOPE等の研究開発成果の社会実装を推進するとともに、北陸3県の先端的な取組について調査します。
 

(4) 4Kクールジャパン北陸推進部会
 平成30年12月1日から新4K8K衛星放送の開始が計画されていることから、その試験放送の受信公開等を通じて現在販売されている4Kテレビでの視聴方法に関する周知を行うなど4K・8K放送の普及促進を図ります。
 また、講演会、セミナーの開催を通じて、4K・8Kの番組制作やコンテンツ流通、利活用に携わる方々の人材育成を行います。
 

4 表彰
 情報通信の普及、発展及び当協議会の業務運営への貢献等の功績者に表彰を行います。

5 各種行事に対する後援、協賛
 情報通信に関連する各種行事について後援、協賛します。

6 会員への情報提供・周知広報
 北陸情報通信協議会ホームページやメールマガジン「MAIL ネットワーク北陸」を活用し、情報通信に関する最新情報、事業公募情報や講演会・セミナー・シンポジウム等の開催案内をタイムリーに配信します。

7 会議
ア 定期総会
  開催日:平成30年4月23日
  内容:平成29年度事業報告、平成30年度事業計画等の審議
イ 幹事会
・第1回幹事会
  開催日:平成30年6月(予定)
  内容:平成30年度事業計画の具体化等の審議
・第2回幹事会
  開催日:平成30年10月(予定)
  内容:平成30年度事業中間報告の審議
・第3回幹事会
  開催日:平成31年3月(予定)
  内容:平成31年度総会提出議案の審議

ウ 表彰選考委員会
  開催日:平成30年3月(予定)
  内容:表彰規程に基づき、会長表彰者(協議会の業務運営及び情報通信の普及・発展に貢献した個人又は団体)の選考

 

logo_200
北陸3県を地図上から見た配置をデザインしており、当協議会の目的である「北陸地方の産学官で構成する会員が結集し、情報通信の普及、発展を図る」ことをイメージしています。

また、当協議会の略称“HICC” HokurikuInformation and Communications Conferenceを下部に配置しました。



このページ最上部へ